死亡診断書のエトセトラ

 

結論:どんなにチェックしていても死亡診断書には時々記載ミスがある。

 

死亡診断書の取り扱いも医事課の仕事です。

 

入院患者さんのカルテを読んでいると、医師が急に主病名と治療期間をカルテにポツンと書くことがあります。

これは患者さんがもう「山場」にあり、この先亡くなられた時にすぐに死亡診断書の記載ができるよう覚え書きのようなものを残しているのです。

この記載を見ると、「ああこの患者さん、今山場なんだなあ…」と心がしわっとします。

 

 

 

医師が死亡診断書を書くと、医事課職員が必ず内容をチェックしています。

市役所に提出する書類なので、名前、生年月日、死亡場所、死因などに記載間違いがないか職員何人かで見るようにしています。

ですので、患者さんが亡くなられてからご家族に死亡診断書をお渡しするのが少し時間がかかります。

 

 

厚生労働省のHPでは「死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル」を見ることができます。

死亡診断書の記載はとても難しくて、「推定○時頃」はいいの?とか「○月○日(不詳)」はいいの?とかもーホント迷います。

しかし、しっかりチェックしても市役所から内容の問い合わせの電話が来ることもあるのでした…。

 

市役所
市役所

あのーこの死亡診断書の死因は「老衰」でお間違いないでしょうか…。

 

すっごい初歩的なところを見落としていたという…。