迷惑電話を撃退せよ!

 

結論:医事課と不審な業者との攻防は一進一退。

 

 

どこの病院もそうだと思いますが、不審な業者からのしつこい電話に悩まされています。

 

スタンダードな型としては

 

○○病院の医師○○と申しますが、××先生につないでいただけますか。

 

そこで医師につなぐと、業者は不動産(税金対策の高級マンション購入)のセールスを行うのです。

この電話の手口が日々巧妙化していまして、

 

 

<キレ型>

 

○○病院の医師○○と申しますが、××先生につないでいただけますか。

 

××医師にはおつなぎできませんので、こちらから折り返しお電話いたします。

 

医師の○○じゃ言うとろうがー!はよつなげえやー!(キレる)

 

急に激昂し始める医師○○、もとい業者。

電話をつなぐ・つながないでここまで激昂する医師はいないので、「ああ業者だな」と分かる訳ですが、ごくまれに実在する医師からの本当の電話で、緊急を要するのに繋いでもらえなかったとのちのちトラブルになったりすることもあるのがやっかいです。

 

 

<当院の医師なりすまし型>

 

内科の○○(当院の医師)だけど、内線○○番につないで。

 

この内線が、どこで調べたのか標的の医師の院内PHSの番号なのです。

どんなに部外秘にしていても漏れる医師の院内PHS番号。誰か内通者がいるのか(疑心暗鬼)。

この「当院の医師なりすまし型」は、その医師かどうか声で分かるので業者だと分かりやすいですが、忙しい時・慌てている時はうっかり繋いでしまいます。

 

 

最近の主流が<混線型>

 

救急外来に受診したいのですが、看護師さんに相談したいことがあるのでつないでもらえますか。

ここで救急外来に繋ぐと、電話が混線したような音がし

 

あれ?今別の部署と話していたんですけど、電話が混線したみたいで…内線○○番につないでもらえますか。

 

と、あたかも今まで他の電話で話していたのに急に救急外来につながって困惑しているような言葉とともに、特定の院内PHS番号につなぐよう指示されます。

訳が分からない救急外来は言われるがままにつないでしまうということになります。

ただ、これは1回経験すると救急外来から医事課に「そっちから回ってきた電話怪しかったから、今後はちゃんと内容聞いて」とクレームが来ます。

そこで、医事課では救急外来に電話を回す時は、名前・生年月日・症状などを聞き取りしてから回すことにしました。

すると新たな小芝居が。

 

<患者なりすまし型>

 

うちのばあさんが調子悪いゆうて、救急外来に行きたいんじゃけどなあ、看護師さんにちょっと相談したいんじゃ。(名前は?)○○じゃ。(生年月日は?)平成○年…。

 

これがまあ、とても若い声の男性がすごく無理して高齢者を演じている感じが丸分かりなのです。

しかも極め付けは、高齢者を演じながら生年月日を「平成」(多分かけてきた本人の生年月日)で答えてしまっている!明らかに怪しい。

で、この電話を救急外来につなぐとまた電話が混線したような音がし、第三者と電話がつながったような感覚になるという寸法です。

しばらくこの「患者なりすまし型」が続き、そのたびに「若い男性による高齢者の演技」が医事課で話題になりました。

ちなみに混線したような音はおそらく、向こうの業者の親機・子機を切り替えているものと思われます。
技術的に、医事課と電話していた回線に別の回線が混線してくるということは起きないとされています。

 

そして今、迷惑電話は新しいステージに…

 

<業者なりすまし型>

 

もしもし、NTTですが電話回線のテストをしています。内線○○番につないでいただけますか。

 

業者が業者になりすましたーーーー!!!

業者からの電話は年々巧妙化し、どんどん手口が変わって来ています。よくそんな手口思いつくなあと敵ながら感心してしまうものもあります。

 

本当は色んな病院が被害を受けていると思うので、「迷惑業者ネット」みたいなので共有できればいいのになあと常々感じています。