私の医事課ライフハック …保険請求中の過ごし方

 

私は医事課で入院患者さんの医療費の計算を担当しています。

日々レセプトと入力に明け暮れる医事課ですが、その中でも余裕を持って業務を回す工夫をしています。

 

ワタシ的医事課ライフハック①保険請求中も入力は少しずつしておく。

レセプトのチェックや直しなどで月始め~10日くらいまでは入力どころじゃねーよという忙しさですが、その時期も敢えて入力を頑張ると10日過ぎてからが楽になります。

私は普段、急性期病棟の患者さん40人ほどを常時受け持ち、毎日15~20人ずつ、2日分ずつ入力するというのを続けるようにしていますが、保険請求中は10人ずつでもいいので入れています。

 

ワタシ的医事課ライフハック②週1回はレセプトを出す。

大体、月20日頃にその時点での退院患者のレセプト、翌月2日に前月最終日時点での入院患者のレセプトを医師に上げるかと思います。

一気に出すやり方をしていると、月19日頃と翌月1日の2回に大量のレセプトを出すことになり、目を通す量が多くなるので非常にきついものがあります。

毎週土曜日の午後など業務がゆったりする時間帯に、その時点での退院患者を出しておく癖をつけておくと、レセ上げ直前に慌てなくて済みます。

 

タシ的医事課ライフハック③レセプトのミスはそのつど潰す。

レセプトを出力した時に、その時点で見つけたミスはその時に徹底的に潰しておきます。

こうするとレセプトを医師に上げた後のレセプトの修正が少なくなり、業務に余裕が出て、保険請求中も入力を進めることができます。

 

オレンジ色が医事課の流れ、緑色がワタシ的ライフハックです。

 

…というのを部署内で結構提唱してきたんですけど
誰もやってないんですわこれがρ(–、)