私の医事課ライフハック …入力用ノート

 

患者さんごとに全く違う治療をしているので、ルーチンの処置などで毎日出て来る診療報酬点数もあれば、次に出て来るのはいつ?という一期一会の診療報酬点数もあります。

「これは覚えておこう」とノートにメモするものの、次に必要になった時になかなかページが出てこないこともしばしば。

以前やった入力が次に必要になった時すぐページが出せるよう、以下のように入力用ノートを工夫していました。

 

工夫1:2つ穴バインダーにルーズリーフや算定本のコピーを綴る

前後の順番を入れ替えたり、不要になった点数のページは捨てる時のために、バインダー形式が一番楽です。

 

工夫2:1ページに1点数を記載する

一連の点数として取らなければならないものは別にして、無関係の点数を複数個同じページ内に併記しないようにします。

それは、診区ごとにページを整理するため。(次項参照)

 

工夫3:診区ごとに並べる

1から9までのインデックスをつけます。そして、医学管理料や在宅医療など診区10番台のページは「1」、投薬など診区20番台のページは「2」の段に綴ります。

自分が入力する点数の正式名称がぱっと出てこないこともあるので、「ひとまず処置だから40の欄を探すか…」という感じが便利です。

 

「1」の段を開けると、「診区13:特定薬剤治療管理料」の算定本コピーが。