医事課入院担当の一日(後半)

 

医事課の入院担当は、午前中は基本的に退院の計算でバタバタしながら、その合い間や午後には別の業務も行っています。

今回はその一端を紹介します。

 

 

●委員会
医事課だからといって計算ばかりが仕事ではありません。

自分たちが算定している医療行為について、医療の質を改善したり向上させたりするため委員会にも出席します。

主に点数の算定件数や算定状況を報告し、算定する面からの問題点を改善する感じ。

事務ゆえに事務局に入れられることも多々あります。書記や書類作成など雑務があります。

 

 

●退院支援カンファレンス

今入院している患者さんが退院する上で必要な支援を話し合う場です。

退院支援加算算定のためにも週1回は参加したいところ。

医事課の出席は必須ではないが、保険請求上の情報共有のため出るようにしています。

(DPC期間が切れそうとか、今なんの治療が進行しているかとか、経済的困難があるとか、結構有益な情報交換ができるので。)

 

 

●デスクワーク

昨日入院した患者さんのカルテを見たり、受け持ち入院患者さんの半分の昨日までのカルテを見て入力を進めます。

日々治療していることはすべて診療報酬の点数になるため、日々カルテを読んでは点数をコンピューターに打ち込む作業を進める必要があります。

(週に1回一気に入力する人もいますが、私は仕事を楽にするため毎日とにかく何かしらの入力をするようにしています。)