後期高齢者医療保険の任意加入 …後期高齢に早くから加入して3割負担から1割負担へ

 

結論:一定の障害があれば、65歳から前倒しで後期高齢者医療保険に加入できる。

 

後期高齢者医療保険は、75歳以上は強制加入の健康保険ですが

それ以外の年齢の人でも条件が合えば任意で加入することができます。

 

岡山県後期高齢者医療広域連合HP掲載のパンフレットより抜粋

 

65歳以上75歳未満の人で、

・身体障害者手帳1級から3級及び4級の一部 (4級の一部は音声、言語に関する障害、下肢に関する障害の一部)

・療育手帳A(重度)

・精神障害者保健福祉手帳1・2級

・国民年金の障害年金1・2級

これらの条件のうちどれかにあてはまれば、今加入している健康保険(3割負担)から後期高齢者医療保険(1割負担)に移ることができるのです。

 

この制度のメリットは、精神障害者保健福祉手帳や障害年金といった、医療助成制度の対象にならない人でも、後期高齢者医療保険に入ることで医療費を安くすることができます。

 

また、身体障害者手帳や療育手帳を持っている人の中にはすでに何らかの医療費助成制度を利用して医療費が安くなっている場合があります。

そうした人でも、もし70歳未満で非課税世帯であれば、後期高齢者医療保険に加入するメリットはあります。

それは入院時の食事代です。

65歳以上70歳未満の食事代は、一般460円、非課税であっても210円です。

後期高齢者医療保険で非課税の食事代は、210円・160円・100円となり、最も安くて食事代1食100円で済みます。

 

また、世帯や収入の状況にもよりますが、国民健康保険・社会保険よりも後期高齢者医療保険の保険料の方が安くなるケースが多く、医療費負担だけでなく保険料の面でも、任意加入を検討してみる余地はあります。

 

もし前倒しで後期高齢者医療保険に加入したい場合は、障害を証明する書類(障害者手帳や年金手帳)、保険証、印鑑を持って、後期高齢者医療保険の窓口で手続きをしましょう。