払い過ぎた入院時食事代をかえしてもらう方法は、あるにはある

 

認定証は申請すると、申請月から使える証書が発行されます。

したがって、今月の医療費に認定証を適用させたかったら、今月中に認定証を取得し、今月中に認定証を病院の窓口に提示する必要があります。

健康保険の請求のスケジュールから、今月の医療費は今月中に計算を終えているため、翌月認定証を出されても遡って医療費の修正がきかないのです。

 

なお、認定証の有効期限はまちまちですが、以下のような感じです。

社会保険…申請月から1年(申し出が必要な健康保険もあり)

国民健康保険…毎年9月30日まで

後期高齢者医療保険…毎年7月31日まで

 

月末に患者さんが入院し、翌月になってから慌てて認定証を取得するケースはよくあります。

認定証の申請が遅れたことによる医療費の払い過ぎについては、保険診療分は高額療養費で申請しかえしてもらうことはできますが、入院時の食事代負担については高額療養費の対象外です。

 

ただし、認定証を持っていたにも関わらず「やむを得ない理由」で提示が遅れ、減額されていない食事代で支払った場合は、健康保険に申請すれば払い過ぎた食事代がかえってくることがあります。

どこまでを「やむを得ない理由」とするかは健康保険側の判断にはなりますが、「食事代もかえってくることがある」ということを知っておいて下さい。

 

岡山市国保HPでは「やむを得ない理由」を求めていますが、後期高齢者医療保険は「やむを得ない理由の有無にかかわらず」、入院の翌月に認定証を申請に行った場合先月1ヶ月分の食事代に関してはかえってくる規定があったように思います。(岡山市のHPではその辺りなんの記載もないですが。。。)

ちなみにこの申請は「食事療養差額支給」と呼ばれています。

 

遅れて認定証を申請した時は、健康保険の窓口で「既に払った食事代はどうなりますか?」と聞いてみましょう。