無料低額診療 …医療費を無料・低額にしてもらう

 

結論:究極の医療費助成制度!? 医療費が無料になる制度がある。

 

 

健康保険の各種制度を使っても、医療費助成制度を使っても、医療費が払えない。収入があり、生活保護の対象にはならない。

そんな患者さんには、医療費が無料もしくは低額になる制度があります。「無料低額診療事業」と呼ばれる、社会福祉サービスの一つです。

残念ながら全ての医療機関が実施しているものではありませんが、主に済生会系列病院、「民医連」加盟病院などが中心に提供しています。

「民医連」…「全日本民主医療機関連合会」の略。無差別・平等の医療と福祉の実現をめざす組織とされる。

 

 

無料低額診療事業は、制度を実施している医療機関を受診した際の医療費が無料もしくは低額になります。

ケースワーカーに相談し、収入や生活状況の聞き取りを受けた上で、無料低額診療事業の基準に当てはまれば、無料低額診療を受けることができます。

無料低額診療を希望する場合は、まずは制度を実施している医療機関の相談窓口に相談することをお勧めします。

 

 

検索したところ全国の無料低額診療実施医療機関を全て網羅するHPはありませんでしたが(平成30年7月31日現在)、各自治体でも情報をまとめているようです。
たとえば、岡山市のHPだとこちら