高額療養費 …払い過ぎた医療費をかえしてもらう(70歳以上)

 

結論:自己負担上限額を超えて払った医療費は申請すればかえってくる。

(だいたいは健康保険が自動的にかえしてくれる。)

 

 

健康保険では、患者の所得に応じて月々負担すべき額の上限が定められています。「所得区分」といいます。

70歳以上の「所得区分」については「まずは自分が支払うべき医療費の額を知ろう…所得区分(70歳以上)」にて説明しました。

 

 

所得区分 ひと月の自己負担上限額(※1)
個人単位(外来のみ) 世帯単位(入院+外来)
現役並み所得者 年収約1160万円~

標準報酬月額83万円以上/課税所得690万円以上

25万2600円+(医療費-84万2000円)×1%
年収約770万~約1160万円

標準報酬月額28万円以上/課税所得380万円以上

16万7400円+(医療費-55万8000円)×1%
年収約370万円~約770万円

標準報酬月額83万円以上/課税所得145万円以上

8万100円+(医療費-26万7000円)×1%
一般 年収約156万~約370万円

標準報酬月額26万円未満/課税所得145万円未満

1万8000円

(年14万4000円)(※2)

5万7600円
低所得者 住民税非課税世帯 8000円 2万4600円
住民税非課税世帯

(年金収入80万円以下など)

1万5000円

厚生労働省HPより資料を加工

 

 

例えば70歳以上で所得区分「現役並み所得者Ⅰ」の患者さんが、30万円の医療費を窓口で支払ったとします。

所得区分「現役並み所得者Ⅰ」の患者さんの自己負担上限額は「8万100円+(医療費-26万7000円)×1%=8万7430円」ですので、

30万円のうち自己負担上限額「8万7430円」を差し引いた「21万2570円」が健康保険からかえってきます。これが高額療養費制度です

 

厚生労働省HPより加工

 

なお、高額療養費について、注意点があります。

  • 高額療養費で還ってくるのは保険診療分(健康保険がきく医療行為に対する医療費)であり、入院時の食事代や差額ベッド代等は含みません。 

 

  • そして、「まずは自分が支払うべき医療費の額を知ろう…70歳以上の注意点」で書いた「個人単位」「世帯単位」のルールが適用されます。

(ルールの詳細は、「まずは自分が支払うべき医療費の額を知ろう…70歳以上の注意点」をご覧ください。)

 

 

ただし、70歳以上の健康保険のいいところは、医療費の払い過ぎは自分で計算しなくても、健康保険が自動的に計算してかえしてくれるところです。

領収書も提出しなくても高額療養費がかえってくることがほとんどです。

(少なくとも岡山市国保、岡山市後期高齢では自動的に振込でかえってきます。社保はどこまで自動なのか不明…

 

 

高額療養費に該当する医療費がある場合は、健康保険の方から通知(手紙)で知らせてきます。

通知(手紙)には、何月分の・誰が・どこの医療機関にかかった医療費に対して・いくらかえってくると書いてありますので、

通知(手紙)が届いたらお金がかえってくるのを待ちましょう。

 

なお、高額療養費は銀行口座にお金がかえってきます。健康保険に一度銀行口座を登録すると、あとは自動的にその銀行口座にお金がかえるようになります。

初めて高額療養費に該当する医療費が出たときに、通知(手紙)と一緒に銀行口座の指定をする用紙も付いてきます。

よく分からない時は、通知(手紙)を持って、健康保険の窓口に行って聞いてみましょう。

 

70歳以上の高額療養費の申請では、領収書がいらないことが多いですが、領収書は捨てずに保管しておきましょう。

医療費の領収書は、確定申告で医療費控除に使うことがあります。