高額医療・介護合算療養費 …医療も介護も受けている人に

 

結論:1年間に支払った医療費と介護サービス費を足して、自己負担上限額より多ければ、払い戻しが受けられる。

 

 

医療費の払い戻しを受けられる制度は3種類あります。

・高額療養費

・高額介護・高額介護合算療養費

・医療費控除

 

このうち、今回は、高額療養費のおさらいと、高額介護・高額介護合算療養費を紹介します。

 

高額療養費…月ごと

毎月支払った医療費の額が自己負担上限額より多ければ、払い戻しが受けられます。

 

合算できる期間:毎月1日から末日まで。

申請月:毎月。時効は診療月から2年以内。

 

高額介護・高額介護合算療養費…年ごと

1年間に支払った医療費と介護サービス費を足して、自己負担上限額より多ければ、払い戻しが受けられます。

 

合算できる期間:毎年8月1日から翌年7月31日まで

申請月:毎年1月頃

 

 

所得区分 70歳以上 70歳未満
現役並み所得者 年収約1160万円~

標準報酬月額83万円以上/課税所得690万円以上

212万円 212万円
年収約770万~約1160万円

標準報酬月額28万円以上/課税所得380万円以上

141万円 141万円
年収約370万円~約770万円

標準報酬月額83万円以上/課税所得145万円以上

67万円 67万円
一般 年収約156万~約370万円

標準報酬月額26万円未満/課税所得145万円未満

56万円 60万円
低所得者 住民税非課税世帯 31万円 34万円
住民税非課税世帯(年金収入80万円以下など) 19万円

(介護サービス利用者が世帯内に複数いる場合は31万円)

厚生労働省HPより資料を加工

 

 

医療保険上の世帯で1年間に支払った医療費と介護サービス費を合算するので、

例えば「一般」の所得区分の後期高齢者医療保険加入者2名・社会保険加入者1名(いずれも70歳以上)が同じ世帯にいる場合、

①後期高齢者医療保険に入っている2名分の医療費・介護サービス費を足して56万円を超えていれば払い戻しがある

②社会保険に入ってる1名分の医療費・介護サービス費を足して56万円を超えていれば払い戻しがある

 

という形で、医療保険ごとに計算するようになっています。

家族全員が同じ健康保険に入っている状態で介護サービスを受けていると最も払い戻しが多くなる制度と解釈できます。

 

 

岡山市の国民健康保険・後期高齢医療保険の「高額介護・高額介護合算療養費」対象者は毎年1月に申請書が届きます。

それ以外の健康保険加入者には申請書は届かないので、自分で医療費と介護サービス費を計算して対象になるか調べておく必要があります。