貸付制度 …認定証が発行されないとき

 

結論:高額な医療費が支払えない時、健康保険から借りることができる。

 

 

前回、高額療養費・認定証の制度について、以下のように締めくくりました。

先に窓口で医療費を支払って自己負担上限額を超えたお金が後から健康保険から還ってくるか(高額療養費)

先に健康保険で手続きをしておいて窓口では自己負担上限額以上支払わないようにするか(認定証)

の違いであり、いずれにせよ自己負担上限額以上の医療費を払う必要がないのです。

 

特に認定証は、窓口に提示しておくと、医療費を自己負担上限額以上かからないようにすることができるため、窓口負担が高額にならずに済む、大変便利な証書です。

医事課としても、認定証はぜひぜひ取得してほしいところです。

 

そんな認定証も、一つ注意点があります。

 

健康保険料の滞納があると認定証が発行されないことがあります。

 

認定証が出ない場合は、先に窓口で医療費を支払って自己負担上限額を超えたお金が後から還ってくる高額療養費の手続きしかできません。

つまり、たとえば医療費が1ヶ月に100万かかったとして、3割負担で自己負担額は30万円となります。

その30万円をいったん窓口で全額払い、健康保険に自己負担上限額を超えたお金をかえしてもらうのです。

 

しかし、現実的に考えると、健康保険料すら収めるのが大変で滞納しているのに、窓口で30万円を支払うことは容易ではありません。

分割払いにしたところで、全額払い終わって高額療養費の手続きができるのは何か月先になるやら…。

そもそも良心的な病院でなければ分割払いも許してもらえるかどうか…。

入院時は預り金をするようなシビアな病院もあると聞きますし…。

 

そんな医療費の支払いが困難な場合、健康保険に高額療養費分のお金を借りる「貸付制度」があります。

 

 

さて、貸付制度について、各健康保険のHPを検索してみても、説明は非常に簡素です。

全国健康保険協会では高額な医療費の支払いに充てるための費用が必要である場合に、高額療養費が支給されるまでの間、無利子の貸付制度がありますのでご活用ください。

全国健康保険協会HPより引用

岡山市国民健康保険の加入者で、高額療養費が支給されるまでの間、高額療養費相当額の8割または9割分を貸付する制度があります。(保険料の納付状況によっては貸付できない場合もありますので、各区役所市民保険年金課までご相談ください。)

岡山市国保HPより引用

 

大変言葉すくなで、どの健康保険もあまりおおっぴらに貸付制度を説明していません(どころかアピールすらしていません)が、私は1ヶ月に1件ほど貸付制度を利用する入院患者さんに対応していました。

岡山市国保の貸付制度しか対応したことがないため、以下の記載はあくまでも岡山市国保での話としてご理解ください。

健康保険料の滞納があり認定証が発行されない患者さんには必ず貸付制度の利用をお願いしていました。

 

貸付制度の利用ですが、

①まず、患者さんが貸付制度を使うことについて病院に了承を取ります。

②患者さんが国保の窓口に行き、貸付制度の相談をします。その際、必ず滞納した保険料の相談もします。滞納分の保険料を一部支払うことが貸付金の条件になっているようです。

③診療月の翌月、再度患者さんが国保の窓口に行き、貸付制度の申請書を受け取って、申請書は病院の窓口に提出します。

④この手続きにより、診療月の請求額は自己負担上限額までとなり、高額療養費分については国保が病院に振り込みます。

 

なんだか狐につままれたような話ですが、認定証が出ない状態でも、窓口に相談に行けばあたかも認定証が出たかのように自己負担上限額までの支払いで済むことになるのです。

 

例えば70歳未満で所得区分「エ」の患者さんが、30万円の医療費を窓口で請求されたとします。

所得区分「エ」の患者さんの自己負担上限額は「57,600円」ですので、30万円を窓口で支払ったのち、

30万円のうちの自己負担上限額「57,600円」を差し引いた「242,400円」が健康保険からかえってきます。これが高額療養費制度です。

 

一方、貸付制度では、前もって病院と国保が協議の上、患者さんには自己負担上限額は「57,600円」のみ請求します。

30万円のうちの自己負担上限額「57,600円」を差し引いた「242,400円」が国保から病院に振り込まれます。

 

<高額療養費の流れ>

 

<貸付制度の流れ>

全国健康保険協会HPより加工

 

上の図を見ていただくと分かるように、病院はいずれの場合でも30万の医療費を収納しており、損はしていません。

では、国保が病院に支払ってくれた「242,400円」は何?と言いますと、これが本来30万円支払った患者さんにかえされる予定だった高額療養費分なのです。

これを現金で患者さんに直接貸し付けるのではなく、病院の窓口支払いに充当する形で「貸し付けている」ということのようです。

(この運用だと、「8割または9割分を貸付」とする岡山市の説明と違い、10割分を病院に入れて下さってますが、1~2割は患者さんと何か調整しているのでしょうか。その辺りは不明…)

ちなみに、高額療養費の制度は加入者の保険料から成り立っているため、貸付制度の利用と保険料滞納分の相談はセットになっているということなのでしょう。

 

なお、貸付制度の相談時、「最低限これだけ払ってもらえないと応じられません」と提示される保険料が非常に高額になることもあり、それならば貸付制度を使わずに自己負担上限のない医療費を支払うという選択になることもあります。

必ずしも万能な制度ではありませんが、相談してみる価値は大いにあります。