医療費控除 …医療費の額を申告して税金を安くする

 

結論:確定申告時にその年支払った医療費の額を申告すると、払い過ぎた税金がかえってくることがある。

 

 

医療費の払い戻しを受けられる制度は3種類あります。

・高額療養費

・高額介護・高額介護合算療養費

・医療費控除

 

今回は、医療費控除を紹介します。

 

医療費控除…年ごと

「医療費の払い戻し」とは若干意味合いが違いますが、

確定申告時にその年支払った医療費の額を申告することで、払い過ぎた税金がかえってきます

医療費控除では、年間の医療費が10万円又は所得金額の5%(どちらか少ない額)を超えている必要があります。

 

 

医療費控除額の計算式=

〔その年中に支払った医療費〕-〔保険金などで補てんされる金額〕-〔10万円又は所得金額の5%(どちらか少ない額)〕=〔医療費控除額(最高200万円)〕

 

 

合算できる期間:毎年1月1日から12月31日まで

申請月:3月頃。時効は5年。

 

医療費控除の対象となる医療費は、高額療養費の対象となる医療費と若干違うことに注意が必要です。

高額療養費では保険診療分のみが対象でしたが、医療費控除では差額ベッド料・食事代・移送費なども対象となります。

 

国税庁HPより引用

 

確定申告はとくに高齢者にとっては非常に煩わしい手続きです。

ネットでの確定申告が主流となってきており、情報弱者にとって全く優しくないのが現状です。

しかし、正しい申告をしておけば、税金がかえってきたり、医療費や介護サービス費の自己負担上限額に影響するということも覚えておく必要があります。