まずは自分が支払うべき医療費の額を知ろう …70歳以上の注意点

 

結論:70歳以上の医療費は、個人単位・世帯単位がありややこしいが、だいたいは健康保険が自分で計算して勝手に払い過ぎをかえしてくれる

 

前回、所得区分について説明しました。

その人が月々支払うべき医療費の額は、所得に応じて決まっています(自己負担上限額)、と。

そしてその額は、70歳以上の人の場合6つのランクに分けられています(所得区分)、と。

 

 

所得区分 ひと月の自己負担上限額(※1)
個人単位(外来のみ) 世帯単位(入院+外来)
現役並み所得者 年収約1160万円~

標準報酬月額83万円以上/課税所得690万円以上

25万2600円+(医療費-84万2000円)×1%
年収約770万~約1160万円

標準報酬月額28万円以上/課税所得380万円以上

16万7400円+(医療費-55万8000円)×1%
年収約370万円~約770万円

標準報酬月額83万円以上/課税所得145万円以上

8万100円+(医療費-26万7000円)×1%
一般 年収約156万~約370万円

標準報酬月額26万円未満/課税所得145万円未満

1万8000円

(年14万4000円)(※2)

5万7600円
低所得者 住民税非課税世帯 8000円 2万4600円
住民税非課税世帯

(年金収入80万円以下など)

1万5000円

厚生労働省HPより資料を加工

 

この所得区分と自己負担上限額ですが、70歳以上の人には注意点があります。

 

まず、負担割合と所得区分について。

「現役並み所得者」は3割負担の健康保険証をもらっている人です。

3割負担の人は所得区分が3つに分かれています。「現役並み所得者Ⅲ・Ⅱ・Ⅰ」の3つです。

 

1割負担の健康保険証をもらっている人は「一般」もしくは「低所得者」となります。

・課税世帯であれば「一般」

・非課税世帯で年収80万以下なら「低所得者Ⅰ」

・非課税世帯で年収80万以上なら「低所得者Ⅱ」

という3つの所得区分に分かれます。

 

さて、上の表の「自己負担上限額」の下に「個人単位(外来のみ)」「世帯単位(入院+外来)」という文字が見えます。(※1)

 

「個人単位(外来のみ)」は、70歳以上の人ひとりがその月外来だけかかった場合の医療費の自己負担上限額です。
「世帯単位(入院+外来)」は、70歳以上の人ひとりがその月、外来と入院(もしくは入院だけ)があった場合の医療費の自己負担上限額です。

くわえて、「世帯単位」つまり同じ月に同じ保険世帯(同じ住民票世帯内で同じ医療保険に入っている人同士)の医療費も合算することができるようです。

 

 

イメージとしては、たとえば同じ世帯に後期高齢者医療保険に入っている人が2人いるとして(所得区分は「一般」)、

外来だけなら、それぞれ1万8000円までは自己負担、それを超えたら高額療養費でかえってきます。

 

入院と外来がある場合は、まずそれぞれ自己負担上限額までは支払い、

2人の医療費を合わせて5万7600円を超えた額が高額療養費でかえってくる、……こんな感じでしょうか。

 

 

また、「一般」の所得区分の「個人単位(外来のみ)」での自己負担上限額にも注意が必要です。(※2)

70歳以上の人ひとりがその月外来だけかかった場合の医療費は、1万8000円が自己負担上限額です。

しかし、年間を通じて外来のみの自己負担上限額は14万4000円となります

たとえば、毎月外来のみ受診し1万8000円の自己負担を1年間払い続けた場合、普通に計算すると

1万8000円×12ヶ月=21万6000円

となりますが、1年分の外来の医療費は14万4000円まででいいよ、と健康保険は決めているのです。

ですので、この場合7万2000円が払い過ぎとして後からかえってくる計算になります。

 

 

なお、「個人単位(外来のみ)」「世帯単位(入院+外来)」の分け方は健康保険が1割負担(2割負担)の人のみに当てはめられます。

3割負担の人の自己負担上限額は「世帯単位(入院+外来)」のみで考えます。

 

たとえば、「現役並み所得者Ⅰ」の自己負担上限額は、「8万100円+(医療費-26万7000円)×1%」ですが、

70歳以上の人ひとりがその月、外来もしくは入院(もしくは両方)があった場合の医療費の自己負担上限額は、「8万100円+(医療費-26万7000円)×1%」です。

くわえて、「世帯単位」つまり同じ月に同じ保険世帯(同じ住民票世帯内で同じ医療保険に入っている人同士)の医療費を合わせて、「8万100円+(医療費-26万7000円)×1%」を超えていれば、払い過ぎが後からかえってくることになります。

 

 

70歳以上の健康保険は、「個人単位(外来のみ)」「世帯単位(入院+外来)」の考え方があるため大変ややこしいですが、

70歳以上の健康保険のいいところは、医療費の払い過ぎは自分で計算しなくても、健康保険が勝手に計算してかえしてくれるところです。

(少なくとも岡山市国保、岡山市後期高齢では自動で振込対応とのこと。社保はどこまで自動なのか不明…)