医事課からみたあの作品

スポンサーリンク
医事課からみたあの作品

医事課からみたあの作品―『病院でぼくらはみんな病んでいる』

安斎かなえ『病院でぼくらはみんな病んでいる。』は、病院で遭遇した腹の立つ出来事や恥ずかしかった出来事を実話をもとにまとめたマンガです。 もともと作者が看護師とマンガ家を兼業していたこともあり、病院の内情...
医事課からみたあの作品

医事課からみたあの作品―『陽のあたる家』のフォーマルな支援―

夫婦と子供2人世帯の「沢田家」が、夫の急病と失業により経済苦に見舞われ生活保護を受給するまでを描く、さいきまこ『マンガでわかる生活保護 陽のあたる家~生活保護に支えられて~』(秋田書店)。 ...
医事課からみたあの作品

医事課からみたあの作品―『陽のあたる家』の医療券―

夫婦と子供2人世帯の「沢田家」が、夫の急病と失業により経済苦に見舞われ生活保護を受給するまでを描く、さいきまこ『マンガでわかる生活保護 陽のあたる家~生活保護に支えられて~』(秋田書店)。 社会...
医事課からみたあの作品

医事課からみたあの作品―『陽のあたる家』の失業給付―

夫婦と子供2人世帯の「沢田家」が、夫の急病と失業により経済苦に見舞われ生活保護を受給するまでを描く、さいきまこ『マンガでわかる生活保護 陽のあたる家~生活保護に支えられて~』(秋田書店)。 さいきま...
医事課からみたあの作品

医事課からみたあの作品―『陽のあたる家』の高額療養費・傷病手当金―

夫婦と子供2人世帯の「沢田家」が、夫の急病と失業により経済苦に見舞われ生活保護を受給するまでを描く、さいきまこ『マンガでわかる生活保護 陽のあたる家~生活保護に支えられて~』(秋田書店)。 受給してから...
医事課からみたあの作品

医事課からみたあの作品―『私、痔主になりました』の早期発見・早期治療―

結論:怖くて先延ばしになるのは分かるが、早く治療するに越したことはない。 普段、呼吸器系や循環器系など穏やか(?)な内科のカルテを読んでいる私は思います。 外科系怖いっっっ! 切った...
医事課からみたあの作品

医事課からみたあの作品―『&』の医療事務と医師の恋愛―

結論:あるところにはあるらしい。 病院そのものを舞台とし、その中の医療従事者が主役のマンガは多数存在しますが、 医療事務が登場するマンガはほぼありません。 (強いて言えば「医...
医事課からみたあの作品

医事課からみたあの作品―『無菌病棟より愛をこめて』の差額ベッド代編―

病室に生花の持ち込みは禁止です… 結論:差額ベッド代は、状況によっては支払う必要がないことがある。 医療事務をしていると、医療系の小説やマンガに「異議あり!」と唱えたい時があります。 ...
スポンサーリンク